損する事もある外貨貯金のリスク

円高が進み、日本の預金金利が低い事等もあり、外貨貯金が人気です。
人気に乗じて、自分も始めてみたけど、利益となる点ばかりを見て決めませんでしたか。
外貨貯金にも、損する事がありますから、注意が必要です。

まず、外貨貯金は満期が来る前に解約が出来ません
預けた時よりも、円高が進みそうだから損をする前にお金を手元に戻したいという場合もあるでしょう。でも、これが出来ないのです。

もし、強引に外貨貯金の途中で資産を下ろしたいという方法をとれば、多額の手数料を支払う可能性があります。
せっかく外貨貯金として預けている資産が、全く残らないという事にもなりかねませんから、よく考えて外貨貯金を行いましょう。

また、日本の預金には預金保険制度というのがあります。
これは、もし預けている銀行がつぶれてしまっても預金は保障されますから安心してくださいという制度です。
ですが、これが外貨貯金にはないため、預けている所がつぶれてしまったら預金もなくなってしまいます。

こういった損する場合もたくさんあり、外貨貯金を安易に始めるのはお勧めできません。
知識は必要で、それも正しい知識を学んで初めて、利益を上げる事が出来るのではないでしょうか。

他にも、外貨貯金の損するところに、為替手数料が発生する事です。
円から外貨、外貨から円に変更する時に支払わなければいけないお金の事です。
利益が少なければ、この手数料を差し引く事で結局手元に利益とならなかったという場合もあります。

外貨貯金は、よく知ってから始めたほうが良いでしょう。